津軽海峡

From Openwaterpedia

Jump to: navigation, search
Tsugaru Channel, looking at Hokkaido from Tappi Misaki
津軽海峡(つがるかいきょう,Tsugaru Strait)は、北海道南端(道南)と本州北端(青森県)との間にあって、日本海と太平洋とを結ぶ海峡。東西は約130km、最大水深は約450m。本来は日本の領海と出来るが、国際海峡となっている。

Contents

交通

最も幅が狭いのは海峡東側、亀田半島の汐首岬と下北半島の大間崎の間で、約18.7kmある。これに対し西側の松前半島白神岬と津軽半島竜飛崎間は19.5kmとやや長いが、水深が約140mと浅くなっていることもあり、鉄道専用の青函トンネル(海峡線)が1988年(昭和63年)3月13日に開通し運用されている。2005年(平成17年)5月22日には同トンネルを通る北海道新幹線が着工した。

道路トンネルや道路橋はないが、名目上は国道279号、国道280号、国道338号が海峡を横断している。古くから津軽海峡大橋構想が議論されているが、技術的にも資金的にも課題が多く、海底道路トンネルに関しても排気ガスの換気やトンネル内の交通事故や火災防止対策など課題が多いため実現のめどは立っていない。

海上交通は、函館港と青森港の間(青函航路)、及び函館港と大間港の間に航路が開設されており、旅客船・貨客船・貨物船・フェリーなどが運航されてきた。1988年(昭和63年)までは青函連絡船が運航された。2010年(平成22年)現在、函館港と青森港の間に津軽海峡フェリーと青函フェリーの2社が1日あたりフェリーを17~18往復、函館港と大間港の間に津軽海峡フェリーが1日あたり2~3往復運行している。外ヶ浜町と福島町を結ぶ三福航路(「三」は旧三厩村(現・外ヶ浜町)、「福」は福島町)もあったが、1998年(平成10年)以来休航が続いている。

軍事上の要衝でありチョークポイントのひとつに数えられる。領海法に基づく領海の幅が通常の12海里(約22.2km)から3海里(5.556km)にとどめられた特定海域の一つで、核兵器を搭載した外国の軍艦を含め自由に通過することができる(通過通航権)。同海峡の防衛は海上自衛隊・大湊地方隊が中心であるが、航空自衛隊とアメリカ空軍の三沢基地が後ろに控えている。沿岸警備は同海峡の中心線を境界に北海道側が海上保安庁・第一管区海上保安本部、東北地方側が同第二管区海上保安本部の管轄となっている。 地形 [編集] 日本列島近海の海流 1.黒潮 2.黒潮続流 3.黒潮再循環流 4.対馬暖流 5.津軽暖流 6.宗谷暖流 7.親潮 8.リマン寒流

動植物の分布境界線の一つであるブラキストン線が津軽海峡に設定されている。最終氷期(約7万年~1万年前)の海面低下は最大で約130mであり、最大水深でも70mほどである宗谷海峡は完全に陸続きになった。これに対し、最も浅い所で140mの水深がある津軽海峡は、中央に大河のような水路部が残ったために両岸の生物相が異なる結果となった。津軽海峡中央部の海底には峡谷のような地形が東西に伸びているが、これはこの時期に水路部を流れた潮流が海底を削ったためと考えられている。

また海峡の日本海側は暖流である対馬海流の分岐点であり、津軽海峡内には西から東へ流れる津軽暖流が存在する。この津軽暖流は海峡の太平洋側にて親潮と合流する。 横断泳 [編集]

女性で初めて単独で横断したのは尾迫千恵子である。1994年(平成6年)8月6日、小泊村(現・中泊町)の権現崎から出発し、12時間28分かけて福島町松浦に到着した。1990年7月にDavid YudovinSteven Munatonesも単独で横断しました。

2008年(平成20年)からは「24時間テレビ」のチャレンジ[1]で、2009年(平成21年)は「24時間テレビ」のチャレンジとは別の2グループも海峡横断にチャレンジしている。 津軽海峡を題材にした楽曲 [編集]

In English

津軽海峡 (or Tsugaru Channel or Tsugaru Strait or Tsugaru Kaikyō in English) is a channel between the Honshu, the main island of Japan, and Hokkaido in northern Japan connecting the Sea of Japan with the Pacific Ocean and one of the swims in the Ocean's Seven. It was named after the western part of Aomori Prefecture. The Seikan Tunnel passes under it at its narrowest point (19.5 km) between Tappi Misaki on the Tsugaru Peninsula in Aomori, Honshū and Shirakami Misaki on the Matsumae Peninsula in Hokkaidō.

Japan's territorial waters extend to three nautical miles (5.6 km) into the strait instead of the usual twelve, reportedly to allow nuclear-armed United States Navy warships and submarines to transit the strait without violating Japan's prohibition against nuclear weapons in its territory.

The Tsugaru Channel has eastern and western necks, both approximately 20 km across with maximum depths of 200 and 140 m respectively. In the past, the most common way for passengers and freight to cross the strait was on ferries, approximately a four-hour journey. Now the Seikan Tunnel provides a convenient but more expensive alternative and approximately halves the travel time in comparison to ferrying. When Shinkansen trains can traverse the tunnel to Hakodate (scheduled for 2015), the journey time will be cut to 50 minutes.

Blakiston Line

Thomas Blakiston, an English explorer and naturalist, noticed that animals in Hokkaido were related to northern Asian species, whereas those on Honshu to the south were related to those from southern Asia. The Tsugaru Strait was therefore established as a major zoogeographical boundary, and became known as the "Blakiston Line".

Successful Tsugaru Channel Swimmers

1. David Yudovin (USA) solo single crossing (Honshu-to-Hokkaido) in 13:10 (1990)
2. Steven Munatones (USA) solo single crossing (Honshu-to-Hokkaido) in 6:11 (1990)
3. Steven Munatones (USA) solo single crossing (Hokkaido-to-Honshu) in 6:39 (1990)
4. Steven Munatones (USA) solo double crossing (Honshu-to-Hokkaido-to-Honshu) in 12:50 (1990)
5. Miyuki Fujita (Japan) solo single crossing (Honshu-to-Hokkaido) in 11:36 (2005)
6. Miyuki Fujita (Japan) solo triple crossing in 37:24 (2006)
7. Masayuki Moriya (Japan) solo single crossing (Honshu-to-Hokkaido) in 11:55 (2011 in a wetsuit)

Tsugaru Channel Records

First Honshu-Hokkaido Crossing: David Yudovin (USA), July 7, 1990: 13:10
First Hokkaido-Honshu Crossing: Steven Munatones (USA), July 30, 1990: 6:39
First Female Honshu-Hokkaido Crossing: Miyuki Fujita (Japan), 2005: 11:36
First Female Hokkaido-Honshu Crossing: Miyuki Fujita (Japan), 2005
Fastest Honshu-Hokkaido Crossing: Steven Munatones (USA), 1990: 6:11
Fastest Hokkaido-Honshu Crossing: Steven Munatones (USA), 1990, 6:39
Fastest Double Crossing (Honshu-Hokkaido-Honshu): Steven Munatones (USA), 1990: 12:50
First Triple Crossing (Honshu-Hokkaido-Honshu-Hokkaido): Miyuki Fujita (Japan), 1990: 37:24

External links

Personal tools
Namespaces
Variants
Actions
Navigation
Annual Recognition
Insurance and Sanctions
Olympics
OWS Conferences
Race Calendar
Travel & Vacations
Featuring
Education Programs
Help
Toolbox
About OWP
Courtesy of